カンパラプレス

ニュース

ニュース

W杯第2戦で阿部が銅メダル! 障害者スキーW杯第2戦目(大会1日目)

表彰台で笑顔を見せる阿部友里香(右) 写真提供:パラノルディックスキー日本チーム

表彰台で笑顔を見せる阿部友里香(右) 写真提供:パラノルディックスキー日本チーム

 13日、国際パラリンピック委員会(IPC)主催のノルディックスキーワールドカップ(通称:障害者スキーW杯)第2戦ウクライナ大会が行われ、大会初日に女子クロスカントリー・ミドル・クラシカルで、阿部友里香(日立ソリューションズJSC・大東文化大学)が銅メダルを獲得した。阿部はW杯1戦のフィンランド大会に続くメダル獲得となった。

 競技後、阿部は「悪天候の中でのレースでとても厳しい状況だったが、スタッフの方々が最善を尽くしてくれたおかげで安心してスタートを切ることができた。レース中も我慢する場面が多かったが今までやってきたことを意識して、そしてコースで情報をくれるスタッフの声に耳を傾けて落ち着いて滑ることができた。この状況下で3位を取ることができたのはとても嬉しい。引き続きレースが続くので最後まで気を引き締めて頑張りたい」と話した。

 障害者スキーW杯第2戦は、ウクライナのヤヴォリヴにあるウェスタン・リハビリテーション&スポーツ・センターで20日まで行われる。

 今シーズンは、2月11日~19日の世界選手権(ドイツ/フィンステラウ)を経て、3月10日~15日に第3戦(韓国/ピョンチャン)、3月18日~22日に最終戦が札幌で行われる。

page top