カンパラプレス

パラ・世界選手権大会

パラ・世界選手権大会

400mで辻沙絵が銅メダル!「メダルメダルって思いながら走りました」 世界パラ陸上ロンドン大会

スタート直後の辻(撮影:越智貴雄)

 23日、世界パラ陸上競技選手権ロンドン大会(大会10日目・最終日)が行われ、女子400m(T47=上肢切断など)で、辻沙絵(日本体育大学)が1分00秒67のタイムで銅メダルに輝いた。

競技後、日の丸を背に笑顔の辻(撮影:越智貴雄)

 競技後、辻は「(監督に)メダルを獲ってかえってくると言っていたので、それが実行できてよかったです。前半は抑えるより、挑戦してスピードを上げていこうと思いました。最後のストレートは、苦しくて苦しくて、メダルメダルって思いながら走りました 」と笑顔で話した。

 辻は昨年のリオデジャネイロパラリンピック400m(T47)でも銅メダルを獲得している。

page top