カンパラプレス

パラ・世界選手権大会

パラ・世界選手権大会

「挑戦する方がワクワクする」金メダル ~パラスノーボード・成田緑夢~

銅メダルのフィンランド選手とハイタッチする金メダルの成田緑夢(撮影:越智貴雄)

 2人の金メダリストの間で、新しく”仲間入りした” 彼は、弾ける笑顔でスタンドの声援に応えていた――。

 平昌パラリンピック競技7日目の16日、パラスノーボード・バンクドスラロームが行われ、成田緑夢(近畿医療専門学校)が下肢障がいLL2クラスで金メダルを獲得した。成田は、12日のスノーボードクロスでは銅メダルを獲得しており、今大会2つ目のメダル。日本人としては、14日にアルペンスキー大回転で優勝した村岡桃佳(早大)に続いて、2人目の金メダリストの誕生となった。

金メダルを獲得した成田緑夢の3本目の滑り(撮影:越智貴雄)

スクリーンからも伝わった“挑戦心”

 アルペンスキー競技の一つとして行われた4年前のソチパラリンピックで初代王者に輝いたエヴァン・ストロング(米国)。そして、そして今大会1種目目のスノーボードクロスで金メダルに輝いたマッティ・スールハマリ(フィンランド)。彼ら2人をおさえ、成田はついに世界の頂点に立った。

 今シーズンのワールドカップ年間総合優勝を果たし、現在世界ランキング1位。そんな「成田緑夢」というアスリートの実力を知る者誰もが、この時を待ちわびていたに違いない。

 正式競技としては今大会初めて行われたパラスノーボード。今大会2種目目の「バンクドスラローム」は、1人3回滑走し、そのうちのベストタイムを競う種目だ。

 小雪が舞う中、成田はLL2クラスの最初の滑走者として登場した。

 今回のレースも「挑戦」をテーマに滑ったという成田。その勢いは、とどまるところを知らなかった。回を追うごとに迫力が増していく成田の滑りには、見ているものを魅了させるものが確かにあった。

 決してスピードを緩めず、勢いあまって手をつきそうになりながらも瞬時に体勢を整え、次々とバンクをクリアしていく成田。1ミリも失敗を恐れていない強気の姿勢に、気が付くと、両手を握りしめながら、前のめりになってゴール前の大型スクリーンを観ている自分がいた。それほど、彼の滑りからは伝わってくるものがあった。

金メダルを獲得した成田緑夢の3本目の滑り(撮影:越智貴雄)

「守ることはワクワクしない」

 成田は1回目で50秒17の好タイムで、いきなりトップに立つと、2回目は49秒61、そしてさらに3回目は48秒68とタイムを上げ、後続の選手たちにプレッシャーを与え続けた。しかしライバルたちも、1回目より2回目とタイムを上げてきていた。

 2回目を滑り終えた時点で、2位との差は0.4秒。成田はこう危機感を抱いていた。
「3回目でミスをすれば、表彰台にさえ上がれなくなる」

 そこで、成田は勝つために、これまで一度もしたことがなかった「挑戦」をすることに決めた。
「序盤の5つ目のバンクで、それまではバンクに乗るようにして滑っていたのですが、最後の滑走では上から下に切るようにして滑ることにしました」

 レース前半で加速のエネルギーが大きければ大きいほど、全体の滑走スピードは上がる。それが、成田の狙いだった。だが、当然リスクもあった。それでも挑戦した理由について、彼はこう言いのけた。

「守るものはないので」

 これが「成田緑夢」というアスリートだ。

金メダルに盛り上がる観客スタンドで鉢巻をしてガッツポーズをする兄の童夢さん(右下)(撮影:越智貴雄)

 その結果、成田は2回目を1秒近くも上回る48秒68を叩き出した。このパフォーマンスにスタンドからもどよめきが起こり、氷点下にもかかわらず、会場は熱気に包まれた。

 そして、成田の予想は的中した。後続のライバルたちも次々と好タイムを叩き出したのだ。もし、成田が2回目の49秒61がベストタイムのままだった場合、彼は金メダルを逃し、4位との差は0.1秒という僅差での銅メダルとなっていた。

競技後、セレモニーで金メダルに喜ぶ成田緑夢(中央)(撮影:越智貴雄)

「最高の気分です」

 競技後、金メダルを獲得したことについての感想を聞かれると、成田は開口一番にそう言った。しかし、それは単に勝利を指しての言葉ではない。

 「守ることって、ワクワクしないですよね。挑戦する方が、ワクワクする。それでメダルを取れなくても、別にいいかなって。だから僕は金メダルを取りたいと思って滑っていたのではなく、挑戦することにワクワクしながら滑っていたんです」

 その結果が「金メダル」だったのだ。

 挑戦し続けた末に、世界の頂点に立った今、「アスリート成田緑夢をほめてあげたいと思う」と成田。果たして、そんな彼の次なる目標は何なのか――。いずれにしても、彼の挑戦は、まだまだ続く。そして、まだまだ魅了させてくれるに違いない。

(文・斎藤寿子)

page top