フォトニュース — 2017年4月19日 at 3:46 PM

2017ボストンマラソンで、マルセル フグが1時間18分04秒の世界最高記録!

写真は3月に開催されたでのグランプリシリーズでのマルセル フグ(撮影 :越智貴雄)

写真は3月に開催されたでのグランプリシリーズでのマルセル フグ(撮影 :越智貴雄)

 17日に行われた、2017ボストンマラソン(車椅子の部)で、リオデジャネイロ・パラリンピック金メダリストのマルセル フグ(スイス)が世界最高記録の1時間18分04秒で優勝した。2位には同タイムで南アフリカのエレンスト バンダイク、3位には1時間19分32秒で山本浩之が入った。
 ボストンマラソンでは、過去にもカナダのキャシー(2012年に1時間18分25秒)やバンダイクが世界最高記録で優勝している。なお、このボストンマラソン、世界で最も大規模な6つのマラソン大会のひとつではあるが、IPC(国際パラリンピック委員会)公認大会でないため、世界記録としては認定されない。現車椅子マラソン世界記録は1999年に大分国際車椅子マラソンでハインツ フライ(スイス)が出した1時間20分14秒。

 大会後、フグは自身のフェイスブックへの投稿で「みなさん、たくさんの祝福メッセージをありがとうございます。世界最高記録を出せたことを、まだ信じられない。今は、今週日曜日に開催されるロンドンマラソンが楽しみです」とコメントした。

 23日に開催されるロンドンマラソン、日本からはボストンマラソン3位の山本浩之や東京マラソンを制した渡辺勝やらが参加。日本の選手たちが海外勢にどう仕掛けていくかが注目される。