カンパラプレス

ニュース

ニュース

宮城MAX大会10連覇!車いすバスケ日本選手権

大会MVPに選出された土子大輔(中央)は、チーム最多の35得点。攻守ともに存在感をみせた(撮影:越智貴雄)

 20日、第46回記念日本車いすバスケットボール選手権大会の決勝戦が武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた。昨年と同じ対戦カードなった決勝戦は、宮城MAXがNO EXCUSEを87対78で下し、大会10連覇を果たした。

 第3クオーターまでは宮城MAXがリードを保っていたが、第4クオーターでNO EXCUSEが同点に追いつくと、観客のボルテージも最高潮。69対69の同点で決着はつかず、5分間の延長戦に突入。延長戦では、宮城MAXが底力をみせ勝利した。

 今大会のMVPに輝いた宮城MAXの土子大輔は、「ひとつでもチームの為に出来る事をとにかくがむしゃらに一生懸命やってみました。苦しい場面でも一人一人が支えあいながら戦うのが宮城MAXの強さだと思います」と話した。

 同日行われた、3位決定戦では埼玉ライオンズがワールドバスケットボールクラブに58対44で勝利した。

page top