カンパラプレス

ニュース

ニュース

車いすバスケ 世界の強豪チームが熱戦! ワールドチャレンジカップ

大会2日目(日本 対 イギリス)、シュートを放つ藤本怜央(撮影:越智貴雄)

 8月31日~9月2日の3日間、車いすバスケットボールの国際大会「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2017」が東京体育館で行われた。

 今大会は、2020年に向けた日本代表の強化とパラリンピックムーブメントの拡大を目的とした新たな国際大会。2019 年度まで3年連続での開催予定。今年度はリオデジャネイロパラリンピック銅メダルのイギリス、トルコ(リオ4位)、オーストラリア(リオ6位)と日本(リオ9位)の4か国が参加し、世界トップレベルの熱戦が繰り広げられた。

大会1日目(日本 対 オーストラリア)、ボールを奪い合う激しい展開(撮影:越智貴雄)

 大会1日目・2日目に、総当たり戦が行われ、日本チームは、大会1日目にオーストラリアと対戦。惜しくも1点差の69対70で敗れた。2日目に行われたトルコ戦では、65対49で快勝。同日に行われたイギリス戦では、善戦するも65対72で敗れた。総当たり戦、日本は1勝2敗。

 大会最終日の3日目は、順位決定戦が行われ、午前にオーストラリアとイギリスが対戦。76対54でオーストラリアが勝利。続いて行われた日本とトルコの試合は、77対39で日本が完勝した。

page top