カンパラプレス

パラ・世界選手権大会

パラ・世界選手権大会

高松が400m(T38)で銀!「最後は死ぬ気で走った」 世界パラ陸上ロンドン大会

ゴール手前、最後の力を振り絞る高松(撮影:越智貴雄)

 21日(日本時間22日未明)、世界パラ陸上競技選手権ロンドン大会(大会8日目)が行われ、女子400m(T38=麻痺など)で、高松佑圭(堺ファインズ)が1分08秒32のタイムで銀メダルを獲得した。

日の丸を手に笑顔の高松(撮影:越智貴雄)

 競技後、高松は「狙い通り以上のレース。スタートから前半は飛ばしすぎかなと思ったが、後半は焦らず死ぬ気で走りました。ヘトヘトで限界です」と話した。

page top