カンパラプレス

ニュース

ニュース

菊島が2得点!攻守の活躍で品川を下す ブラサカトップリーグ

シュートを放つ菊島(撮影:越智貴雄)

 24日、「LIGA.i ブラインドサッカートップリーグ2020」第2節が、東京都・品川区立総合体育館が行われた。

 第1試合は、暫定首位だったパペレシアル品川と同2位の埼玉 T.Wingsが対戦。菊島 宙(埼玉 T.Wings)が前後半にそれぞれ得点を決めるなど攻守の活躍で2対1で品川を下した。試合後のインタビューで、菊島は「得意なドリブルからシュートを決めれてよかった」と、笑顔で話した。
 第2試合は、free bird mejirodaiがbuen cambio yokohamaを 1対0で下した。

 第2節終了時点で、埼玉 T.Wingsが勝ち点6、得失点差3で暫定首位。第3節は、9月23日( 金・祝)フクシ・エンタープライズ墨田フィールド(東京都墨田区) で、第1試合(11時キックオフ) 埼玉 T.Wings 対 buen cambio yokohama、第2試合(14時キックオフ) free bird mejirodai 対 パペレシアル品川が行われる。

ブラサカトップリーグ「LIGA.i」 での試合の様子(撮影:越智貴雄)

【「LIGA.i ブラインドサッカートップリーグ2022」とは?】

2022年、NPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下JBFA)が、代表チームとクラブチームの強化、興行性の高い大会開催を行うことなどを目指し、ブラインドサッカー初となるトップリーグを新設した。
第1節が7月18日に浜松アリーナ(静岡県浜松市)で開幕し、第2節が7月24日に品川区立総合体育館(東京都品川区)、最終節となる第3節が9月23日にフクシ・エンタープライズ墨田フィールド(東京都墨田区) で行われる。
出場するクラブチームは、今年度JBFAに登録されている31チームの中から、競技力の高さのみならず、組織運営力や、競技普及活動への注力度合いなど、複合的な観点から、「パペレシアル品川」「 埼玉 T.Wings」「free bird mejirodai」「buen cambio yokohama」の4チームが決定された。
大会は有料チケットが販売され、3位までに入った出場チームには、賞金が贈られ優勝チームには、シャレーとメダルが授与される。日本男子代表強化指定選手である川村怜や日本女子代表強化指定選手の菊島宙らも参加している。
リーグタイトルは、「LIGA.i」を通じて「競技性(”I”ntensity)」「興行性(”I”nfluence )」「組織性(”I”ntegrity)」を向上させ、ブラインドサッカーの価値を高め、混ざり合う社会を作っていく、今の社会を変えていきたい思いが込められている。

page top