カンパラプレス

ニュース

ニュース

走り幅跳びの前川が、初となる4M超えでアジア新! 関東パラ陸上

アジア新記録を出し、笑顔の前川(撮影:越智貴雄)

 30日、第23回関東パラ陸上競技選手権大会が町田市陸上競技場で行われ、昨年の世界パラ陸上ロンドン大会女子走り幅跳びで銀メダルを獲得した前川楓(チームKAITEKI)が女子走り幅跳び(T63=片大腿義足使用)に出場し、5本目の跳躍でアジア新となる4m05cmの記録で優勝した。

公式戦初となる4m超えジャンプでアジア新記録を樹立した前川(撮影:越智貴雄)

 競技後、前川は「(5本目の)助走がピッタリあい、4m超えが出せた。今は、喜びと安心感がすごくある。来週も大会があるので、さらに記録を伸ばしていきたい」と笑顔で話した。

page top