カンパラプレス

ニュース

ニュース

山本篤、6メートル50越えのジャンプ! パラ陸上日本選手権(大会1日目)

女子200メートル(T61クラス)で湯口は世界記録を出した(撮影:越智貴雄)

 第30回日本パラ陸上競技選手権大会(大会初日)が1日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、女子200メートル(T61クラス=両足大腿切断など)で湯口英理菜(日本体育大学)が46秒69のタイムで自身の持つ世界記録を更新するなど、世界新記録1、アジア新記録3、日本新記録16、大会新記録35が生まれた。

走り幅跳びと200メートルで優勝した山本篤(撮影:越智貴雄)

 先月のチャイナオープン 走り幅跳び(T63クラス=片大腿切断など)で、世界記録まであと7センチに迫る6メートル70の記録を出した山本篤(新日本住設)は、今日の試合でも6メートル53と調子の良さをみせ優勝。200メートルも制し2冠を達成した。
 女子走り幅跳び(T63クラス=片大腿切断など)では、3メートル73で村上清加(スタートライン東京)が優勝した。大会は2日まで。

page top