カンパラプレス

ゴールボール/ Goalball

ゴールボール/ Goalball

鈴の入ったボールを転がし、ゴールに入った得点で勝敗が決まる。選手は全員アイシェードを着け、まったく見えない状態にする。試合は男子、女子別々に行われ、3対3でプレーする。

コートはバレーボールと同じ広さ。コート内のすべてのライン上には3mm幅の紐が張り巡らされ、その紐の凹凸で選手たちは自分の位置や方向を把握する。

また、投球をする攻撃エリア、バウンドすべきエリアが決められているだけでなく、相手選手を欺くためにボールの音に変化をつけるなど、投球にはかなりのテクニックを要する。ボールの大きさはバスケットボールと同じであるが、重さはほぼ倍である。

ゴールの大きさは幅9m、高さ1.3mで、ゴールラインを完全にボールが超えると得点になる。ゲーム開始時の先攻・後攻はコイントスで決定し、前後半それぞれ12分、間に3分間のハーフタイムを取る。

対象選手:視覚障がい

見どころ:観客には静寂が求められるが、選手たちの駆け引きとプレーに思わず見入り、声を出すのを忘れるほどだ。見えていないとは思えないプレーの数々に拍手。

WEBサイト(競技団体):日本ゴールボール協会

画像はクリックで拡大します。

page top