カンパラプレス

シッティングバレーボール/ Sitting Volleyball

シッティングバレーボール/ Sitting Volleyball

6人制で、国際バレーボール競技規則に準じ、ボールは公認のバレーボール球を使用。コートは通常のバレーボールコートよりも狭く(サイドライン10m、エンドライン6m)、座位でプレーするためネットの高さも低い(男子1.15m、女子 1.05m)。

常に、上体(肩からお尻)の一部を床に付けることがルールで、サーブ、ブロック、スパイク時も床から離れてはいけない。唯一、レシーブ時のみ短時間であれば浮かしてもOK。

ラリーポイント制で5セットマッチ。3セット先取したほうが勝ち。4セットまでは25点先取すれば1セット獲得。5セット目は15点先取で勝利。今は、サーブがネットに触れる“ネットイン”も認められ、ラリー制なのでサーブ権に関係なく一つのミスが相手の得点になるなど、試合展開にスピード感がある。スパイクも結構な迫力だ。

対象選手:下肢に障がいのある肢体不自由

見どころ:百聞は一見に如かず。見ればそのスピードにまずビックリ。今は国内でも、健常の人たちが参加するスポーツとして認知されつつある。

WEBサイト(競技団体):日本シッティングバレーボール協会

画像はクリックで拡大します。

page top